老人性色素斑によるシミの治療法

###Site Name###

シミは主に顔にできるため、目立つことが多いです。シミのタイプには、40代女性に多く、ホルモンバランスなどの理由でなることの多い肝斑、脂漏性角化症と言われるいぼのようなもの、思春期頃にもみられる雀卵斑と呼ばれるソバカス、成人になってから出てくる後天性真皮メラノサイトーシス、けがなどによる色素沈着、老人性色素斑または日光性色素斑と言われるものなどがあります。
老人性色素斑は日光性黒子とも言われ顔や手のこう、背中や腕など日光に多くあたるところにできます。境界はわかりやすく、濃い色をしているのが特徴です。


日光性黒子によるシミははじめは薄い色をしていますがのちに濃くなっていくのも特徴です。

銀座のシミを求める人にお勧めしたいサイトです。

加齢だけでなく紫外線のあたりすぎも原因のため、様々な年代の方にできやすくなっています。
老人性色素斑の治療法はスイッチルビーレーザー、光を利用したフォトシルクプラス、ビタミンなどを服用する、軟膏を使用する、といった方法があります。


スイッチルビーレーザーは濃い色に反応するため、老人性色素斑の治療には最適です。

レーザーを照射すると、一時的に軽いやけどのような状態になりますが、照射していない部分の皮膚を傷つけることはありません。

照射すると白くなりますが、のちにかさぶたになり、シミも目立たなくなってきます。



かさぶたになっている期間は特に肌が敏感になっているため、紫外線にあたると色素沈着を起こしシミが濃くなることもあります。


照射した後は紫外線に気を配るようにします。